店舗等において使う時、誰でも感じたことがあるのではないかと思うのですが店員がわからないためにどちらの紙をお客さんの方に渡せば良いのかわかっていない時があるかと思います。というのは、クレカを利用すると、から利用明細が発行されるためでありこのレシートのどのレシートをお客様の方へ渡して良いのかわかりにくいというものだ。複数枚の利用明細の意味)上で述べた数枚の使用レシートの説明は何なのかというのは、以下の記載の内容になります。1利用者に渡す用の明細。2店舗控え用の明細。3カード会社控え用の使用レシート(サインを書くレシート)。本来であればあたりまえのように客に渡す明細レシートの方を渡すはずですがたまに違う利用明細の方を客へ見間違えて渡すようなというケースや、サインをした方の使用明細を渡してしまったケースなども見られます。特に時間給店員などや、普段からクレジットというものが利用されない店舗で会計する際クレジットを提示すると、こういったレジ担当者の迷いを見れるでしょう(笑)。いつの日か店員が違うレシートというものを提示してきた時には「こちらじゃありませんよ」などと直してあげてください。