一般にはクレジットカードの限度額が使用者が日々利用するより高めにしていると人間は余裕があると思い誤って考えることなくクレジットカードで支払ったりするようですね。そうしたカード乱用を制御する意味でもクレカの最大金額を前もって少なめに決めておこう・・・という提案がこれから提案する文章の主旨です。限度額を引き下げる方法▲契約カードの限度額を減らしておくとは、月の利用限度額を上げる方法と大差なく、いたって簡単です。クレカの背面に案内のあるフリーダイヤルに問い合わせて「月の利用限度額をもっと低くしたいんですが・・・」と相手に対して言うだけです。現時点での月の利用限度額に比べ少ない上限であれば面倒な調査なしでその場で限度額のコントロールが可能となります。利用限度額をセーブしておくのは防犯へと繋がっている△限度額の抑制は自己統制等の効果以外に自分を守ることとも関連が深いものです。もし仮に、クレジットカードが誰かの手に渡り偽造されたような場合でも、あらかじめ持っているカードの月の限度額を低めに押さえておくようにすればリスクを出来るだけ少なくするようにできるからなのです。安心して欲しいのはもし仮に悪用されたことがあったような状況でもカード使用者に意図的と言えるような問題と思えるものがなければ、盗難保険として知られているものが守ってくれるので心配はないんですが、1%の可能性のために不必要な月の限度額は少なくしておくと効果があるでしょう。使うことのない利用限度額は良いとは言えないことなんです。