一般にはクレカのひと月の限度額が普段使うよりゆるく設定されていると所有者は余裕だと誤解して、無駄にカードを使用してしまったりするようです。そういったカードの使いすぎを抑えておくためカードの最高額を低レベルに設定しておこう・・・というお勧めが、これから見る文章のメインとなる考え方です。限度額を下げる方法□クレジットカードの上限額を引き下げるには、月ごとの限度額を引き上げることと大差なくいたって手軽です。カードの裏面にプリントされている番号に問い合わせて「月ごとの限度額を減らしたいです」ということを電話に出た人には言うだけです。一般にはすでにあるカードの限度額よりも下であれば、査定なしでその場で限度額の引き下げが終わってしまいます。限度額を少なくするのは被害に遭わないようにすることへと結びついている…クレカの上限引き下げは、自制という効果のみならずセキュリティにも影響します。もしも、手元のカードが悪意のある人物に乱用されてしまったような状況でも、前もって手持ちのカードの利用限度額を低めにしていたなら損害をなるべく避けるようにできるからなのです。強調しておきたいのはもし仮にクレジットカードが勝手に使用されるようなことになったとしてもカード使用者に過失がない限り、盗難保険として知られるものが契約者を保護してくれるから余計な心配は必要ないのですけれど、1%の可能性のことを考え月ごとの限度額はセーブしておくと良いでしょう。必要のない利用限度額は百害あって一利なし・・・なんです。