カードを契約していると月ごとに契約しているカード会社から明細書が送付されます。それら利用代金明細を保管しておけばどこのショップでいつどの品にカードでどれくらい消費したのかというような詳細事項が書かれているため、以前にクレジットカードを用いた支払いの履歴を見るために実に簡単で便利です。これ一本で使うにはある意味困難と感じるかもしれませんが、カード利用の成績表風としてファイルすることも難しくないので家計管理にももってこいです。なおいま言ったカード利用代金明細の案内があってから一般的に数週間で請求額の振り込みが行われます。ということはこれらのご利用明細をよく注意していて、思わず覚えのない記録一例として使ったこともない項目があったとしたら、カード会社に連絡して調査してもらえば良いだけです。万が一クレジットカード不正利用に類するありえない利用が分かった場合でもカードユーザーに落ち度がない限りは、ほとんどの場合はクレジットカード会社がそのような異常な支払いを削除してくれます。現在ではそのようなクレジットカード利用明細をインターネット上で見ることができるクレジットカードが一般的になっています。常にどこでいくら払って購入したかを把握しておく決まりにして不正利用を防ぐのはもちろん収支記録の代わりとなりお金の管理でさえもこれのみでできます(ホームページで利用履歴を見ることができるカードはさかのぼって決済履歴やリボ払い適用の有無なども照会できるようになっています)。カードはこのようなことから見てもとりわけ助けになるツールなのです。